×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式・公社債などの投資信託、ETF・REIT・MMFなど投信金融商品の入門ガイド

投資信託 辛口入門ガイド 投資信託Q&A

組入比率が100%を超えている投資信託とは?


■投資信託の種類・タイプ
ハイ・イールド・ボンド・ファンドとは
為替ヘッジを行わない投資信託のメリット・デメリット
ミリオン型投資信託とは
中期国債ファンドとMMFの違いは
グローバル・ファンドとは
エマージング・マーケットとは
ソブリン債とは
私募投資信託(投信)とは
バランス・ファンド、バランス型投資信託とは
会社型投資信託と契約型投資信託の違いは
リスク限定型投資信託とは
物価連動国債ファンドとは
投資事業組合と投資信託は、どう違うのか

■投資手法
システム運用とは
クオンツ運用とは
「フルインベストメントを基本とする」とは
ファンド・オブ・ファンズとは
モーニングスター社会的責任投資株価指数=MS-SRI

■投資信託運用会社の仕組み
アナリストとは何をしているのか
ファンドマネジャーとは何をしているのか
トップダウン・アプローチとは
ボトムアップ・アプローチとは

■投資信託の手続き
投資信託=ファンドの乗り換え(=スイッチング)とは
クローズド期間とは
ラップ口座とは
投資信託を購入する時に「証拠金」は必要なのか

■投資信託の運用と評価
公社債投信のリスクが株式投信より低いと言われる理由
投資信託の基準価額が変動するリスク要因は
組入比率が100%を超えている投資信託とは
公社債投信の信託報酬が株式投信よりも安い理由
「オーバーウエイト、ニュートラル、アンダーウエイト」とは
投資信託の純資産総額は大きい方がよいのか
投資信託の超過リターン(超過収益)とは
「分配金を再投資する」とは

組入比率が100%を超えている投資信託


 「組入比率」は、ファンド資産のうち株式に何%、債券に何%の資産が投資されているかを示した数字です。この組入比率が合計100%を超えるファンドというのは通常、「金融派生商品(=デリバティブ)型」のファンドです。派生商品型の投資信託とは先物やオプション取引等を積極的に運用するタイプのファンドです。

 通常の株式投資信託の場合には、株式と債券の組入比率の合計が100%を超えることはありません。これに対して、派生商品型の投資信託は、先物やオプション取引を組み入れています。先物やオプションは、実際の取引額の一部分の証拠金程度の資金によって、大きなポジションを取ることが可能です。こうした先物・オプション取引によるレバレッジ効果があるために、派生商品型の投資信託の場合には、資産の組入れ比率が100%を超えるケースがあります。

 先物・オプション取引によるレバレッジ効果は、一般的には小額の資金で大きいポジションをとることから、資産価格の変動はレバレッジ効果の効いていないものよりも、大きくなります。この場合であれば、この投資信託はリスク・リターンの高い商品となります。

 しかし、この一方で為替リスクや資産価格変動のヘッジを目的として先物やオプションを組入れている場合もあります。この場合には、こうした取引を組入れていないファンドよりも、ローリスク・ローリターンな商品となります。

 先物・オプション取引が組み込まれているからといって、一概にハイリスク・ハイリターンだということにはなりません。



確定拠出年金=401kのことなら > 初心者のための確 定拠出年金(401k)入門ガイド

| 投資信託 辛口入門ガイド | IPO初値分析・株式投資 (兄弟サイト) | IPO=新規公開株の初値予想・分析日記(ブログ) |