×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式・公社債などの投資信託、ETF・REIT・MMFなど投信金融商品の入門ガイド

投資信託 辛口入門ガイド 投資信託Q&A

トップダウン・アプローチとは?


■投資信託の種類・タイプ
ハイ・イールド・ボンド・ファンドとは
為替ヘッジを行わない投資信託のメリット・デメリット
ミリオン型投資信託とは
中期国債ファンドとMMFの違いは
グローバル・ファンドとは
エマージング・マーケットとは
ソブリン債とは
私募投資信託(投信)とは
バランス・ファンド、バランス型投資信託とは
会社型投資信託と契約型投資信託の違いは
リスク限定型投資信託とは
物価連動国債ファンドとは
投資事業組合と投資信託は、どう違うのか

■投資手法
システム運用とは
クオンツ運用とは
「フルインベストメントを基本とする」とは
ファンド・オブ・ファンズとは
モーニングスター社会的責任投資株価指数=MS-SRI

■投資信託運用会社の仕組み
アナリストとは何をしているのか
ファンドマネジャーとは何をしているのか
トップダウン・アプローチとは
ボトムアップ・アプローチとは

■投資信託の手続き
投資信託=ファンドの乗り換え(=スイッチング)とは
クローズド期間とは
ラップ口座とは
投資信託を購入する時に「証拠金」は必要なのか

■投資信託の運用と評価
公社債投信のリスクが株式投信より低いと言われる理由
投資信託の基準価額が変動するリスク要因は
組入比率が100%を超えている投資信託とは
公社債投信の信託報酬が株式投信よりも安い理由
「オーバーウエイト、ニュートラル、アンダーウエイト」とは
投資信託の純資産総額は大きい方がよいのか
投資信託の超過リターン(超過収益)とは
「分配金を再投資する」とは

トップダウン・アプローチとは


 投資信託のポートフォリオを構築し、個別銘柄を購入・投資する際に、最初にマクロ経済動向などの分析によって、どのような金融商品・有価証券・その他資産に資産を配分するかを決定し、その後で、その資産配分の枠の中で組入れる個別銘柄を決定してゆく方法をトップダウン・アプローチと呼びます。

 マクロの視点から入って、順にミクロな視点に移っていくことから、この名称がつけられています。

 例えば、世界中の株式に分散投資する投資信託の場合には、運用会社は、まず、世界各国の経済動向の分析、成長予測、株式市場の分析などを行います。そして、これらの結果から、どの国に投資信託の資産のどれくらいを投資すべきかを決定します。

 このケースで、各国のマクロの経済状況を見て、米国経済が今後好調になりそうだと判断した場合、米国に50%、英国に20%、日本に15%、ドイツに15%投資すると、まず各国別の投資ウエイトを決定します。そしてその次に、それぞれのウエイトの範囲内で、実際に組入れる各国の銘柄を選出します。

 こうしたプロセスを経て投資運用されるため、トップダウン・アプローチの場合には個別銘柄の選定の巧拙よりも、どのマーケットがこれから成長するかの予想が、運用成績に大きな影響を及ぼします。マクロ経済の「読み」が、投資信託のパフォーマンスに直接影響を与えることになります。

 トップダウン・アプローチとは逆に、マクロ経済動向等には重点を置かず、個別銘柄のファンダメンタルズ分析をもとに、銘柄を一つずつ積み上げてファンドを構築する方法をボトムアップ・アプローチといいます。



確定拠出年金=401kのことなら > 初心者のための確 定拠出年金(401k)入門ガイド

| 投資信託 辛口入門ガイド | IPO初値分析・株式投資 (兄弟サイト) | IPO=新規公開株の初値予想・分析日記(ブログ) |