×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式・公社債などの投資信託、ETF・REIT・MMFなど投信金融商品の入門ガイド

投資信託 辛口入門ガイド

投資信託の仕組み



1. 投資信託ってなに?
 ■投資信託とは?
 ■投資信託のメリット
 ■投資信託のデメリット1
 ■投資信託のデメリット2
 ■投資信託のデメリット3
 ■投資信託の仕組み
 ■投資信託の基準価額

2. 投資信託の種類
 ■投資信託の種類
 ■株式投資信託
 ■公社債投資信託
 ■外貨建てMMF
 ■追加型株式投信の分類
 ■ETF(株価指数連動型上場投信)
 ■J-REIT(上場不動産投資信託)
 ■収益分配による分類
 ■SRI(社会的責任投資)ファンド
 ■インド株投資信託
 ■中国株投資信託

3. 投資信託の選び方
 ■投資信託のリスク分類
 ■ドルコスト平均法の活用
 ■ドルコスト平均法の弱点
 ■投資信託選びのヒント
 ■投資信託関連リンク
 ■投資のパフォーマンス評価1
 ■投資のパフォーマンス評価2
 ■投資のパフォーマンス評価3



4. 投資信託の手数料と税金
 ■投資信託を購入・運用する時の費用
 ■購入時の手数料
 ■購入後の手数料
 ■投資信託の税金
 ■株式投信の解約・償還益

5. 投資信託の売買と管理
 ■投資信託を郵便局で買う
 ■投資信託を証券会社等で買う
 ■投資信託の資料
 ■投資信託の換金可能時期と手数料
 ■金融商品販売法

投資信託の仕組み


投資家 <=> 証券会社などの販売窓口 <=> 投資信託会社 <=> 信託銀行


証券会社などの販売窓口

 投資信託の購入や分配金の受け取り、換金の手続き等、投資家にとって必要な手続きは、証券会社などの販売会社を通じて行われます。販売会社には、証券会社のほか、金融の自由化に伴って銀行・生保・損保が参入したほか、郵便事業の改革に伴って、現在では郵便局でも取り扱いが開始されています。

投資信託会社

 投資家から預かった資金を、販売会社経由で受け取り、実際に運用をしています。投資信託会社では、アナリストと呼ばれる調査の専門家が経済・証券市場に関して様々な調査をし、その調査結果に基づいてファンドマネジャーが運用方針や投資対象を決定し、信託銀行に対して実際の運用を指図します。



信託銀行

 投資家から預かった資産を使って、投資信託会社が株式や債券を購入するのですが、購入した有価証券等の預かり資産は、信託銀行で保管・管理されます。信託銀行は、投資信託会社が出す運用の指図に従って、有価証券等の管理・処分を行います。

 信託銀行では、自行の財産とは区分して投資家の資産を分別保管しますので、万一信託銀行が破綻しても、投資家が拠出している資産は制度的に全額が保護されています。これは、販売会社や投資信託会社が破綻した場合でも同様に保護される仕組みとなっています。

 この点が、投資信託の銀行預金とは異なる点です。銀行預金の場合には、元本保証はありますが、ペイオフの制度が適用されます。一方、投資信託の場合には、元本保証はありませんが、ペイオフやこれに類似した制度の適用はなく、資産全額が運用会社等の破綻から保護されています。

>>次ページ 投資信託の基準価額 へ


確定拠出年金=401kのことなら > 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド

| 投資信託 辛口入門ガイド | IPO初値分析・株式投資(兄弟サイト) | IPO=新規公開株の初値予想・分析日記(ブログ) |