×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式・公社債などの投資信託、ETF・REIT・MMFなど投信金融商品の入門ガイド

投資信託 辛口入門ガイド

外貨建てMMF



1. 投資信託ってなに?
 ■投資信託とは?
 ■投資信託のメリット
 ■投資信託のデメリット1
 ■投資信託のデメリット2
 ■投資信託のデメリット3
 ■投資信託の仕組み
 ■投資信託の基準価額

2. 投資信託の種類
 ■投資信託の種類
 ■株式投資信託
 ■公社債投資信託
 ■外貨建てMMF
 ■追加型株式投信の分類
 ■ETF(株価指数連動型上場投信)
 ■J-REIT(上場不動産投資信託)
 ■収益分配による分類
 ■SRI(社会的責任投資)ファンド
 ■インド株投資信託
 ■中国株投資信託

3. 投資信託の選び方
 ■投資信託のリスク分類
 ■ドルコスト平均法の活用
 ■ドルコスト平均法の弱点
 ■投資信託選びのヒント
 ■投資信託関連リンク
 ■投資のパフォーマンス評価1
 ■投資のパフォーマンス評価2
 ■投資のパフォーマンス評価3



4. 投資信託の手数料と税金
 ■投資信託を購入・運用する時の費用
 ■購入時の手数料
 ■購入後の手数料
 ■投資信託の税金
 ■株式投信の解約・償還益

5. 投資信託の売買と管理
 ■投資信託を郵便局で買う
 ■投資信託を証券会社等で買う
 ■投資信託の資料
 ■投資信託の換金可能時期と手数料
 ■金融商品販売法

外貨建てMMFは外貨預金よりも有利


外貨建てMMFは外貨預金よりも有利

 外貨建てMMFは、日本国内と比較して高い海外の金利メリットを享受できる点と、為替差益が狙える点の2点を特徴として、最近注目されています。外貨建てMMFと同種の商品として、銀行の外貨預金がありますが、比較しますと、外貨建てMMFのほうが有利な仕組みとなっています。

 外貨建てMMF自体は、対象通貨は米ドル、ユーロ、豪ドル、カナダドルなどで、購入時のレートは、TTSに準じて販売会社が決定するレート、売却時はTTBに準じて販売会社が決定するレートとなっています。販売会社は為替レートにマージンを上乗せしますが、購入自体に対してかかる手数料はありません。



 外貨建てMMFが外貨預金と比較して有利な点は2点あります。1点目は流動性、2点目は税務上の取り扱いです。

 流動性に関しては、外貨建てMMFが購入日の翌取引日以降であればいつでも換金できるのに対して、外貨預金は基本的に満期まで解約できません。従って、MMFであれば、為替相場の状況を見て、為替が有利な時に換金することが可能になります。

 税金の面では、外貨預金の為替差益が利子・配当所得として課税対象となりますが、MMFの場合の為替差益は課税対象とはなりません。

 この2点以外の運用条件については、両者で大差がありませんから、以上の2点に強みを持つ外貨建てMMFのほうが外貨預金よりも有利な商品であると言えます。

>>次ページ 追加型株式投信の分類 へ


確定拠出年金=401kのことなら > 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド

| 投資信託 辛口入門ガイド | IPO初値分析・株式投資(兄弟サイト) | IPO=新規公開株の初値予想・分析日記(ブログ) |