×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式・公社債などの投資信託、ETF・REIT・MMFなど投信金融商品の入門ガイド

投資信託 辛口入門ガイド

SBI証券で投資信託を購入する



1. 投資信託ってなに?
 ■投資信託とは?
 ■投資信託のメリット
 ■投資信託のデメリット1
 ■投資信託のデメリット2
 ■投資信託のデメリット3
 ■投資信託の仕組み
 ■投資信託の基準価額

2. 投資信託の種類
 ■投資信託の種類
 ■株式投資信託
 ■公社債投資信託
 ■外貨建てMMF
 ■追加型株式投信の分類
 ■ETF(株価指数連動型上場投信)
 ■J-REIT(上場不動産投資信託)
 ■収益分配による分類
 ■SRI(社会的責任投資)ファンド
 ■インド株投資信託
 ■中国株投資信託

3. 投資信託の選び方
 ■投資信託のリスク分類
 ■ドルコスト平均法の活用
 ■ドルコスト平均法の弱点
 ■投資信託選びのヒント
 ■投資信託関連リンク
 ■投資のパフォーマンス評価1
 ■投資のパフォーマンス評価2
 ■投資のパフォーマンス評価3



4. 投資信託の手数料と税金
 ■投資信託を購入・運用する時の費用
 ■購入時の手数料
 ■購入後の手数料
 ■投資信託の税金
 ■株式投信の解約・償還益

5. 投資信託の売買と管理
 ■投資信託を郵便局で買う
 ■投資信託を証券会社等で買う
 ■投資信託の資料
 ■投資信託の換金可能時期と手数料
 ■金融商品販売法

SBI証券(旧 SBIイー・トレード証券)で投資信託を購入する


国内株式の取引に関しては、業界屈指の格安手数料を誇るSBI証券ですが、投資信託を購入するにあたっても、以下のような特徴を持つ、便利な証券会社です。

■ネット証券総合評価No.1
・ ゴメス 『オンライン証券サイトランキング』 オンライン総合型 第1位
・ オリコン 『2010年度オリコン顧客満足度(CS)ランキング』 総合第1位
・ ストックリサーチ『2009年第1回インターネット証券ランキング』総合第1位、など
第三者機関の総合評価で第1位を獲得しています。

■豊富な投資信託の取り扱い
主要ネット証券屈指の銘柄数を取扱いっています。購入手数料0円のファンドも約200銘柄を取り揃えており、ニーズに合ったお取引が可能です。また、月間平均保有額に応じてポイントを付与する「投信マイレージサービス」もあります。

■ネット証券唯一の店舗展開
SBI証券はいわゆる「ネット証券」でありながら、全国に店舗展開をしています。2010年10月時点で、日本全国に134店を展開しています。店舗によっては口座開設当日から株式注文が可能な即時口座開設(主要ネット証券初)も利用できます。

■住信SBIネット銀行のご利用が簡単
SBI証券の口座をお持ちの方は、簡単なお手続きで住信SBIネット銀行の口座開設が可能です。「預り金自動スィープサービス」等の便利な銀行連携サービスを利用できます。

■コンクール入賞者も在籍する親切なコールセンター
SBI証券では、コールセンターを開設しており、オペレーターがお客様のお悩み、ご相談を受ける体制を整えています。

■SBI証券の新サービス等
SBI証券では、このたび投資信託検索エンジン「Fサーチ」をスタートしました。投資信託初心者でも、容易に投資信託商品を選び、自分にあった投資信託を絞り出すことができます。
また、「ボーナスで買いたい投資信託」の記事もサイトにアップされており、こちらも投資信託選びの参考になります。

SBI証券で口座を開設する>>

>>トップページへ


確定拠出年金=401kのことなら > 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド

| 投資信託 辛口入門ガイド | IPO初値分析・株式投資(兄弟サイト) | IPO=新規公開株の初値予想・分析日記(ブログ) |