×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式・公社債などの投資信託、ETF・REIT・MMFなど投信金融商品の入門ガイド

投資信託 辛口入門ガイド

アンケートモニターで稼ぐ



1. 投資信託ってなに?
 ■投資信託とは?
 ■投資信託のメリット
 ■投資信託のデメリット1
 ■投資信託のデメリット2
 ■投資信託のデメリット3
 ■投資信託の仕組み
 ■投資信託の基準価額

2. 投資信託の種類
 ■投資信託の種類
 ■株式投資信託
 ■公社債投資信託
 ■外貨建てMMF
 ■追加型株式投信の分類
 ■ETF(株価指数連動型上場投信)
 ■J-REIT(上場不動産投資信託)
 ■収益分配による分類
 ■SRI(社会的責任投資)ファンド
 ■インド株投資信託
 ■中国株投資信託

3. 投資信託の選び方
 ■投資信託のリスク分類
 ■ドルコスト平均法の活用
 ■ドルコスト平均法の弱点
 ■投資信託選びのヒント
 ■投資信託関連リンク
 ■投資のパフォーマンス評価1
 ■投資のパフォーマンス評価2
 ■投資のパフォーマンス評価3



4. 投資信託の手数料と税金
 ■投資信託を購入・運用する時の費用
 ■購入時の手数料
 ■購入後の手数料
 ■投資信託の税金
 ■株式投信の解約・償還益

5. 投資信託の売買と管理
 ■投資信託を郵便局で買う
 ■投資信託を証券会社等で買う
 ■投資信託の資料
 ■投資信託の換金可能時期と手数料
 ■金融商品販売法

アンケートモニターは預金金利以上!?


 ここでご紹介するのは、インターネットを使ったアンケートサービスを行っている会社です。今、こうしたアンケートサービスは種々様々な会社がやっていますが、ここでは、安心して使える会社に限定してご紹介しています。

■アンケート・モニターって何?
 「アンケート・モニター」は、おおまかには、以下の手順になります。

1. アンケートを実施している会社にモニター登録をします。この時に、趣味や性別など、登録者の属性を簡単に登録します。登録は勿論、無料です。

2. 属性に合致したアンケートが発生した時に、アンケート会社から登録者にメール等で連絡があります。最初に「サッカー観戦が趣味」と登録していれば、ワールドカップに関するアンケートが来る、といった具合です。

3. 会社によっては、「事前アンケート」として、更にアンケート回答者の属性を絞るためのアンケートを実施する会社もあります。(下記マクロミルなど)

4. アンケート報酬が、現金・買い物券等で還元されます。最低還元額は500円以上程度で設定されている会社などがありますが、普通に回答していれば、1〜2ヶ月でこれを達成出来ます。

 アンケートがやってくる頻度はマチマチですが、より多くの報酬を得るためには、複数のアンケート会社に登録したほうが、よいでしょう。

■銀行預金との比較
 仮に1社に登録した場合で、一ヶ月で500円の報酬が得られるとしますと、年間では6,000円です。

 銀行の定期預金金利(1年もの0.03%)で、年間6,000円の利息を貰うためには、なんと、2,000万円!!を預けておく必要があります。
 アンケート・モニターの場合、
1. 手間がかからない
2. 他の金融商品と比較してリスクが少ない割りに、リターンは良い
点が、人気のポイントになっています。

マクロミル社のアンケート
 マクロミルは上場もしている、インターネット・アンケート会社の最大手です。アンケートの頻度は結構高いので、意外にドンドンお小遣いが貯まっていきます。ポイント還元は、現金振込みもOKですし、図書カード・ギフト券・音楽ギフト券で受け取ることも選べます。

 マクロミルでは多くの場合に事前アンケートがあり、そこで属性が一致した登録者に対してだけ本アンケートが実施されます。本アンケートの報酬は、100〜300円程度、こまめに事前アンケートに回答しておけば、週1回程度以上の頻度で本アンケートは来ます。

ヤフー リサーチモニター・ライト
 名前の通り、ヤフーが行っているアンケートです。報酬は、現金ではなく、ヤフー内のショッピングサイトで使える「ヤフーポイント」です。アンケート自体の頻度も、100ポイント以上の高額アンケートの頻度も、マクロミルと同程度です。


確定拠出年金=401kのことなら > 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド

| 投資信託 辛口入門ガイド | IPO初値分析・株式投資(兄弟サイト) | IPO=新規公開株の初値予想・分析日記(ブログ) |